加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性のイメージ写真

加齢黄斑変性は、主に加齢が原因で網膜の中にある黄斑(網膜の中心で直径約1.5mmの範囲、物を見るのに重要)と呼ばれる部分の働きに異常が起こり、視力が低下してしまう病気です。
黄斑が異常をきたすと、ものがゆがんで見えたり、目がかすんだりする症状が現れます。

50歳以上の男性に多く発症すると言われ、年齢とともに患者数は増加していき、高齢者の失明原因の一つとも言われています。
なお加齢以外でも、遺伝、喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏った食生活などが原因で発症することもあります。

タイプは2種類「滲出型」と「萎縮型」

加齢黄斑変性には、「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがあります。
滲出型は、黄斑の脈絡膜から網膜に向かって、新生血管が伸びてくるタイプです。
新生血管は脆くて弱いので、簡単に出血したり血液中の水分が染み出たりします。
そのため新生血管ができると、黄斑の視細胞が急速に損傷され、黄斑の機能は急激に低下していきます。

一方の萎縮型は、老化とともに網膜の細胞と脈絡膜が徐々に死滅していくタイプで、黄斑の機能はゆっくりと損なわれていきます。
現在、この萎縮型には有効な治療法は確立されていません。

症状について

新生血管が黄斑に発生する滲出型は、そこに出血や血液中の水分が染み出すことで、その場所に関係する視野に異常がみられるようになります。
初期症状は、見ようとする部分の直線がゆがんだり、真ん中が暗く見えたりすることなどです。

さらに病状が進行し、出血や染み出しが増加していくと、症状の程度はよりひどくなり、視力低下のほか、色の識別もつかなくなります。
そのため「見たいところがよく見えない」「読めない」「書けない」といった状態になるのです。

一方の萎縮型では、組織の損傷が緩やかに拡大し、ゆっくりと症状が進行するので、滲出型のような状態になるには10~20年後くらいです。

検査について

加齢黄斑変性が疑われる場合は検査を行います。
問診・視診後に、以下のような検査を必要に応じて行います。
50歳を過ぎた方は、目に特別な異常を感じなかったとしても早期発見、早期治療という面からも一度検査を行うことをお勧めします。

1 視力検査
加齢黄斑変性では視力低下が生じますので、視力検査を行います。
2 アムスラー検査
碁盤の目(方眼紙)のような図を見てもらい、格子のゆがみ具合を調べる検査で、物がゆがんで見えていないかどうかがわかります。
3 光干渉断層計(OCT)検査
眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析して、層構造をした網膜の断層像を描出し、網膜の状態を調べます。
網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握します。
4 眼底検査
目の奥(眼底)にある網膜(特に黄斑)・血管・視神経の状態をそれぞれ調べます。
滲出型加齢黄斑変性では、出血や網膜のむくみなどが見られます。

治療について

加齢加齢黄斑変性の滲出型と診断されたら、速やかに治療を開始します。
治療法については、レーザー、光線力学的療法(PDT)、抗VEGF療法、の3通りです。
それぞれの治療法は、以下の通りです。

なお、萎縮型と診断された場合は、現在のところ有効な治療法が確立していないこと、病状の進行が、かなりゆっくりであることなどから、定期的に検査を行い、経過を観察していくことになります。

レーザー光凝固

活動性の高い新生血管が中心窩(黄斑の中心部分で、すり鉢のように窪んでいる)から離れた場所にある場合、レーザー光線で焼き潰すレーザー光凝固を行うことで新生血管の進行を食い止めます。
しかし、レーザー光線で新生血管を焼き潰す際には、同時にその周辺にある正常な組織も焼き潰すことになるので、レーザー光線を当てた部分に応じて見えない場所もでてきます。
視力は完全には回復しませんので、治療の目的は、その時点の視機能の保持です。

光線力学的療法(PDT)

中心窩に新生血管がある場合に用いられる光線力学的療法は、腕の血管から注射した薬剤(光感受性物質)をあらかじめ体内に注入します。
そして新生血管に薬剤が多量に入ったところで、そこに向けて弱いレーザー光線を照射します。
そのことにより新生血管の中に届いた光感受性物質が、光に反応して活性酸素を出します。
この活性酸素は毒性が強く、新生血管を損傷する効果があります。

なお、使用するレーザーは熱がほとんど出ないので、中心窩の視細胞が焼けることはありません。
ただし、視力の良い患者様は、視力低下の可能性もあるので、通常は視力が0.5くらいまで下がってから行われます。
この治療の目的も視機能の保持で、3ヵ月に1 回造影検査を行い、新生血管が固まるまで何度か繰り返します。

抗VEGF療法

抗VEGF療法とは、新生血管の成長を促すVEGF(血管内皮細胞増殖因子)という物質の働きを抑える「VEGF阻害薬」を眼球に注射することで新生血管を縮小させる方法です。

VEGFは糖たんぱくの一種で、血管を新生する働きがあります。
滲出型の加齢黄斑変性では、新生血管が脈絡膜から網膜に向かって発生し、出血を起こすなどして網膜に障害をもたらします。
この新生血管の成長を止めることで、縮小させます。
1回の治療は1分程度で終了しますが、繰り返し注射を打つ必要があります。

なお、新生血管を抑える治療にはPDTもありますが、PDTでは視力が落ちる可能性があります。
そのため視力が0.6以上に保たれているような場合に、PDTに代わって抗VEGF療法が選択されることになります。

クリニック概要Clinic Overview
めぐみ眼科クリニック
診療科目 眼科 小児眼科
所在地 〒230-0077
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾1-3-12
東寺尾メディカルセンター3F
(「西寺尾建功寺前」バス停目の前)
TEL 045-718-5165
駐車場 無料駐車場・提携有料駐車場(SKIP 東寺尾メディカルセンター駐車場)あり
休診日:水曜・日曜・祝日
… 大沼 恵理 医師   … 大沼 修 医師
※最終受付は17:15までとなります。
診療時間
9:30~12:30
14:30~17:30
このページの上へ