ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイのイメージ写真

ドライアイは涙の量が減る、あるいは涙の量は十分でも蒸発しやすい涙のため、常に目が乾きやすくなり、皮膚で言うところの肌荒れを起こしている状態を言います。
涙には細菌やウイルスなどを殺菌する作用、目の乾燥防止といった役割があるのですが、ドライアイになるとその機能が低下してしまうのです。
主な症状としては、目がかすむ、目がゴロゴロする、目が疲れやすい、目が赤い、目が重いなどがあります。

ドライアイは先にも述べたように涙の分泌量が減少するタイプと涙の蒸発が亢進するタイプに分けられ、分泌量の減少は女性の更年期障害の症状などで見られます。
一方の涙の蒸発が亢進するタイプは、患者数が急増しており、ドライアイ患者全体の8割を占めると言われています。
主な原因としてパソコン画面を見続けながらの長時間作業(VDT作業)の増加、スマートフォンの普及などにより、目を酷使する機会が増えたことが一番の理由に挙げられています。
そのほか、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用、ストレスの増加なども蒸発が亢進するタイプになります。

検査について

ドライアイか否かを判断するには、主に3つの検査法があります。
どの方法であっても比較的短時間で済み、痛みなどは伴いません。主な検査方法は以下の通りです。

シルマー試験

涙の量を調べる検査です。
専用の細い濾紙(涙紙)を目の涙点上に挟んでまぶたを閉じ、5分間でどのくらいの長さ分の涙が染み込むかを調べます。

涙液層破壊時間(BUT:Break Up Time)検査

瞬きをせずに目を開けたままの状態で、涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯顕微鏡を用いて観察・測定します。

生体染色検査

目の表面の状態を検査するには、フルオレセイン(黄色い染色液)の点眼により眼球表面を染め、スリットランプと呼ばれる顕微鏡を使って調べる方法がよく用いられます。
角膜や結膜に傷や凹凸などがあると、その部分が染まって見えます。

治療について

検査の結果、ドライアイと診断されたら治療を行います。
まずは目の乾燥を防がなくてはならないので点眼薬を使用します。
主に人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬などを用います。
軽症であれば点眼薬の治療のみで症状が治まることが多いです。

なお点眼薬で改善が見られない場合は、涙点プラグを使用します。
これは、涙点という鼻側目がしらの上下にそれぞれ1つずつある涙の排出口に栓(プラグ)を差し込むことで目に涙を溜め、ドライアイを治療(涙点プラグ挿入)する方法です。
プラグは数分で挿入することができます。
このほかにも重症の方を対象に行う血清点眼や、外科的に糸で縫合する涙点閉鎖術を行うこともあります。

クリニック概要Clinic Overview
めぐみ眼科クリニック
診療科目 眼科 小児眼科
所在地 〒230-0077
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾1-3-12
東寺尾メディカルセンター3F
(「西寺尾建功寺前」バス停目の前)
TEL 045-718-5165
駐車場 無料駐車場・提携有料駐車場(SKIP 東寺尾メディカルセンター駐車場)あり
休診日:水曜・日曜・祝日
… 大沼 恵理 医師   … 大沼 修 医師
※最終受付は17:15までとなります。
診療時間
9:30~12:30
14:30~17:30
このページの上へ